国立の会社が伝言メモを開発-パソコンのキーボードのすき間を活用

パソコンのキーボードの隙間を利用した伝言メモ「Deng On(デングオン)」

パソコンのキーボードの隙間を利用した伝言メモ「Deng On(デングオン)」

  •  
  •  

 ハイモジモジ(国立市東1、TEL042-507-7661)は11月3日、伝言メモ「Deng On(デングオン)」の販売を開始した。

 同商品は、パソコンのキーボードのすき間に挟んで立てかけられるもの。「書類や小物であふれるデスクで最も目につきやすいキーボードの上を、コミュニケーション・スペースとして有効活用したいと考えた」と同社の松岡さん。「例えば『○○さんから電話がありました』という伝言を相手のデスクに残すことができるオフィス向け文具だが、お祝いメッセージを伝えたり、席を外していることを自分のデスクに書き置きすることもできたりと用途はさまざま考えられる」という。

[広告]

 今回は第1弾として動物シリーズを用意。スモールサイズ(380円)の「ペンギン」「アヒル」「ネコ」「ウサギ」、ラージサイズ(450円)の「シカ」「ゾウ」「ブタ」「カンガルー」「キリン」「ワニ」「シロクマ」の全11種類をそろえた。「今後は動物のラインアップを拡張するほか、植物や建築物といったシリーズも随時展開していく予定」とも。

 同商品は同社サイトで販売する。 

  • はてなブックマークに追加