プレスリリース

「10月1日 日本酒の日」全国一斉日本酒で乾杯 in神戸など/日本一の酒どころ「灘五郷」の秋到来!~平成最後に仕込んだ酒を令和に嗜む~

リリース発行企業:一般財団法人 神戸観光局

情報提供:


 10月1日は日本酒の日です。日本一の酒どころであり、神戸市の代表的地場産業である酒造業が集まる灘五郷(西郷・御影郷・魚崎郷・西宮郷・今津郷の総称)をはじめ各所で、全国一斉日本酒の日のイベントや、毎年秋の恒例行事となっている蔵開きや酒蔵探訪、灘の日本酒と食のイベントなどが行われます。


■10月1日(火) 全国一斉 日本酒で乾杯!in 神戸 ~灘五郷 ほろ酔い月下の宴~
一年の実りに感謝してみんなで乾杯しようと、灘五郷の18の蔵元が神戸市六甲道南公園に集結します。全国一斉乾杯の実施のほか、灘の酒蔵による試飲(有料)や灘の酒の販売、酒造り唄の披露、鏡開きセレモニーなどが予定されています。

■10月19日(土) 灘の酒と食フェスティバル in神戸
神戸市中央区の東遊園地の芝生広場に、灘五郷の酒蔵と神戸・兵庫の食メーカーなどがブースを出店します。日本酒の飲みくらべのほか、おつまみ、スイーツなどを芝生の上でのんびり、ゆったり楽しむことができます。

■10月19日(土) ~ 11月24日(日) 灘の酒蔵探訪 ~スタンプラリー・灘の酒蔵めぐりバス運行~
西郷・御影郷・魚崎郷・西宮郷・今津郷の灘五郷全域15か所のスタンプポイントの内、「15か所すべて」「6か所」「3か所」のスタンプを集めて応募すると、個数によって、神戸市内のホテル宿泊券や日本酒、お食事券などが当たるスタンプラリーです。期間中の土曜・日曜・祝日は、お得な特典が付いた酒蔵めぐりバスも運行します。

■例年大好評!全酒蔵制覇の認定証がもらえるスタンプラリー「パ酒ポート 灘五郷」発売中!
「酒」×「地域の食」×「ツーリズム」をコラボレートさせた、灘五郷をめぐる大人のためのスタンプラリーです。参加酒蔵等19蔵で「パ酒ポート」を提示すると、商品の割引やオリジナルグッズのプレゼントなどの特典があり、スタンプを19個すべて集めると全酒蔵制覇の認定証がもらえます。

■首都圏でも気軽に灘の日本酒が楽しめる!スタンプラリー開催
9月20日(金)~ 1月31日(金) 東京メトロ銀座線で行く 灘の酒ほろ酔いラリー
美味しい灘の酒と銀座沿線のお店の料理を楽しめる大人のためのスタンプラリーです。江戸時代に江戸で出回る「下り酒」の大半を占めていたといわれる灘の酒。灘の酒を飲むことができる銀座線沿線の6店舗をまわるスタンプラリーです。

■男酒といわれる灘五郷の日本酒は、秋に酒質が向上!
兵庫県は、日本酒生産量の全国シェアは27.6%で日本を代表する酒どころとなっています。
灘五郷は、酒造りに適した上質なミネラル水「宮水(みやみず)」が湧いていたことや、酒米の横綱といわれる「山田錦」の産地が近くにあったこと、蒸米を冷ます寒風「六甲おろし」が吹いていたこと、大消費地である江戸(東京)まで運ぶ良港である「神戸港」があるなどの好条件がそろっていたことに加え、腕利きの杜氏もそろっており、日本を代表する日本酒の産地となりました。
灘五郷の酒は、やや酸の多い端麗辛口が特徴で「男酒」といわれています。一般的に、新酒は4月中に火入れが終わり、気温の上昇とともに熟成します。秋になり、香味が整い、味が丸くなって飲みやすくなることを「秋上がり」といいます。これからの時期、灘の「男酒」は、「秋上がり」してさらに美味しくなるため、この秋にご賞味いただくこともおすすめです。


<以下、各コンテンツ概要>


■全国一斉 日本酒で乾杯!in 神戸 ~灘五郷 ほろ酔い月下の宴~
日時 10月1日(火) 16:00~20:30
場所 六甲道南公園 (神戸市灘区備後町4丁目 他)
内容
ステージ
・灘の酒造り歌披露(沢の鶴 酒造り歌研究会)
・鏡開きセレモニー
・全国一斉乾杯の実施
・日本酒の楽しみ方トークショー
URL http://www.nadagogo.ne.jp/news/index.html?m=278



■灘の酒と食フェスティバル in 神戸
日時 10月19日(土) 11:00~16:30
場所 神戸市東遊園地 (神戸市中央区加納町6丁目)
内容
・灘五郷の酒の有料試飲と販売 酒蔵18社が出店
・5枚綴りの試飲券を500円で販売(1杯1~3枚で試飲できる)
・神戸・兵庫の食ブースで食品販売(16社が出店) ほか
URL http://www.nadagogo.ne.jp/news/index.html?m=286




■灘の酒蔵探訪
~スタンプラリー・灘の酒蔵めぐりバス運行~
開催期間 10月19日(土)~11月24日(日)
場所 神戸市東灘区・灘区および西宮市の酒蔵など
内容
日本一の酒どころであり、神戸・西宮の代表的な地場産業である酒造業が集積する灘五郷(西郷・御影郷・魚崎郷・西宮郷・今津郷)において酒蔵 スタンプラリーや各種イベントを実施。
期間中の土曜・日曜・祝日には、酒蔵などが周遊できる便利な「灘の酒蔵 めぐりバス」が運行される。

~灘の酒蔵めぐりバス運行~
運行期間 10月19日(土)~11月24日(日)の土曜・日曜・祝日のみ運行
運行ルート
【神戸側】JR六甲駅を起点に、阪急御影駅、JR住吉駅、阪神御影駅を経由
1周 約70分(40分間隔)、1日11本
【西宮側】阪神西宮駅を起点に、JR西宮駅を経由
1周 約40分、1日14本
料金
通常チケット 500円(有料試飲チケット1杯分付き)
プレミアムチケット 1,000円(有料試飲チケット2杯分、記念品付き)



■東京メトロ銀座線で行く 灘の酒ほろ酔いラリー9月20日から開始
各店舗で、お一人様につき灘の酒1杯と料理1品注文していただけると、リーフレットにスタンプを押印いたします。6店舗中4店舗のスタンプを集めると、4店舗達成賞をプレゼントします。
開催期間 2019年9月20日(金)~2020年1月31日(金)
参加費 無料(スタンプラリーに必要な交通費等は参加者の負担)
【4店舗達成賞の対象6店舗】
・銀座線 外苑前駅 大江戸北青山店
・銀座線 青山一丁目駅 日比谷園
・銀座線 赤坂見附駅 浅草うな鐵赤坂店
・銀座線 溜池山王駅 溜池うさぎ家
・銀座線 虎ノ門駅 とんかつ酒菜くら
・銀座線 新橋駅 炭火串焼三政


■知って、訪れて、良さに触れてもらう!「灘の酒蔵活性化プロジェクト」進行中
2017年10月から「灘の酒蔵」の活性化に向けて、灘五郷酒造組合や神戸市、西宮市、阪神電気鉄道株式会社が実行委員会を構成し、立ち上げた「灘の酒蔵活性化プロジェクト」では、「灘の酒蔵」の魅力を発信するプロモーション活動を行っています。
2018年度の取り組みで注目されるのが「ラッピングトレイン『Go!Go!灘五郷!』の新たな車内装飾です。2017年10月から運行している、イラストレーター山口哲司氏のイラストが描かれたラッピング電車には、ミニチュアの菰樽がデザインされた吊り革が設置されています。11月中旬までの運行を予定しています。
2019年度からは、阪神電車の駅舎10駅(神戸市内8駅)に「灘五郷装飾」が新登場!酒蔵見学と合わせて、ほっこり和風テイストで日本酒文化を表現した猫のイラストをお楽しみください。





■全酒蔵制覇の認定証がもらえる大人のスタンプラリー「パ酒ポート 灘五郷2019‐2020」
「パ酒ポート」は、「地酒」×「地域の食」×「ツーリズム」をコラボレートさせた、灘五郷をめぐる大人のためのスタンプラリーです。
参加の酒蔵・アンテナショップ19施設で「パ酒ポート」を提示すると、商品の割引やオリジナルグッズのプレゼントなどの特典があり、スタンプを19個すべて集めると全酒蔵制覇の認定証がもらえます。室町時代から続く灘の酒の歴史や風土、掲載酒蔵21社の酒造りのこだわりを解説しており、地酒の本としても利用できます。
また、酒蔵巡りに便利な阪神電車「灘五郷 酒蔵めぐり1dayチケット」も発売中です。
発売場所
梅田・尼崎・甲子園・御影・神戸三宮・新開地の各駅長室
神戸三宮駅西改札外の阪神電車サービスセンター、
西宮駅えびす口改札外の阪神西宮おでかけ案内所




■兵庫県は日本酒生産量ナンバーワン!
兵庫県は日本酒生産量のシェアは27.6%で全国1位です。中でも灘五郷(西郷・御影郷・魚崎郷・西宮郷・今津郷の総称)は、日本を代表する酒どころ(※)として有名で、「酒蔵めぐり」は、神戸を訪れる人の楽しみのひとつとなっています。(※ 全国シェア 22.44%(出典:平成30年度課税出荷量))


<都道府県別 清酒課税数量 ベスト5>


平成29年度 国税庁統計年報 酒税より
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/sake2017/shuzei.htm

  • はてなブックマークに追加