見る・遊ぶ

プロバスケチーム東京サンレーヴスがホーム開幕戦-立川市で初開催

日本プロバスケットボールリーグでは、ホーム・アウェー含めて、合計52試合を行う

日本プロバスケットボールリーグでは、ホーム・アウェー含めて、合計52試合を行う

  • 0

  •  

 立川市の泉市民体育館(立川市泉町)で10月19日・20日、日本プロバスケットボールリーグ(2013-2014シーズン)に参加する、プロバスケットチーム「東京サンレーヴス」のホーム開幕戦が行われる。対戦チームは、「秋田ノーザンハピネッツ」。

 日本プロバスケットボールリーグは、2005年に開幕。レギュラーシーズンは、2013年10月4日から翌年4月27日まで開催。イースタン・カンファレンスの11チームとウェスタン・カンファレンスの10チームが、ホーム・アウェー含めて、合計52試合を行う。各カンファレンスの上位のチームが5月に行われるプレーオフ(決勝トーナメント)に参加し、日本プロバスケットボールの頂点を決める。

[広告]

 「東京サンレーヴス」は昨年、リーグに新規参入。チーム名は、フランス語で「5つの夢」を意味し、チーム理念の「青少年の育成」「スポーツの振興」「地域産業の発展」「地域の活性化」「感動あるエンターテインメント」に由来している。昨シーズン成績は、イースタン・カンファレンス8位。

 立川市でプロバスケットの試合が行われるのは今回が初めて。「今回のホーム開幕戦で、プロの試合を初めて観戦する、という人も多いはず。客席と試合コートの距離も近いので、ぜひ足を運んで迫力を体感してほしい」と、東京サンレーヴスを運営する「東京プロバスケットボールクラブ」(調布市)の佐藤さんは話す。

 開催時間は、19日が18時~、20日が14時~。チケット料金は、1階自由席(大人)=3,000円、1階自由席(高校生以下)=1,500円、2階自由席(大人)=2,000円、2階自由席(高校生以下)=1,000円。チケット購入方法など詳細はホームページで確認できる。