立川で3店舗のプロから学ぶ料理講習会 食材はナス

「レンタルキッチン&スクールスペース ライズ」での教習会の様子

「レンタルキッチン&スクールスペース ライズ」での教習会の様子

  • 0

  •  

 立川駅南口のキッチン付きシェアスペース「レンタルキッチン&スクールスペース ライズ」(立川市柴崎町2)で7月26日、和洋中の調理師3人が講師となる「夏にぴったりお料理講習会」が開かれる。

 講師は1951(昭和26)年創業のすし・懐石料理店「入船茶屋」(柴崎町2)の小澤清富さん、中国料理 「五十番」(錦町1)の調理師歴22年の岩本憲治さん、洋食は立川野菜と故郷小笠原の食材を使った体に優しい料理にこだわる「ベジカフェCabbage Beach(キャベツビーチ)」オーナーの中西奈美さん。小澤さんは「1人の講師が3種類の料理を教える教室は多くあるが、3店舗のプロがそろう講習会はありそうで無い」と話す。

[広告]

 今回のメーンの食材はナス。メニューは「ナスの冷汁そうめん」「麻婆(マーボー)ナス」「ナスとカリカリじゃこのカルパッチョ仕立て」。「ナスは地元農家でも栽培が盛んで、夏野菜の中では食物繊維も比較的多く、抗酸化作用がありガンの抑制にも効果的とされている。『家に帰っても作れる』をテーマに話し合い、試食会を重ねた」と小澤さん。

 「バランスの良い食事を取るには、食材の組み合わせの工夫が必要。料理のレパートリーが増えれば、おいしく楽しい食事を取ることができ、美容やダイエット、現代病の予防にも役立つ。レパートリーを増やしたい方や本職の調理師によるプロならではの料理のノウハウを教えてもらいたい方などに参加いただければ」と小澤さんは呼び掛ける。

 開催時間は14時~17時。参加費は4,000円。定員18人(中学生以上)。申し込みは入船茶屋(TEL 042-524-6266)まで。締め切りは7月23日。