伊勢丹立川店でハロウィーン企画 ワークショップやスタンプラリーも

ハロウィンの飾りつけが施された店内の様子

ハロウィンの飾りつけが施された店内の様子

  •  
  •  

 伊勢丹立川店(立川市曙町2)で現在、「ISETAN Halloween Week」が開催されている。

 同店は、これまでベビー子どもフロアでハロウィーン企画に取り組んできたが、全館で実施するのは今回が初めて。「立川地区では大きなハロウィーンイベントが開催されていないことから同イベントを企画した」と同店売出計画担当の篠崎さん。

[広告]

 期間中は、地下食品売り場でハロウィーンの雰囲気を盛り上げるスイーツを販売するほか、各階で帽子やキャンディーレイ作り、フェースペイントやボディーペイント体験などのワークショップを日替わりで開催する(一部は事前予約制)。

 10月31日には、仮装して来店した小学生以下の子どもを対象に、「トリック オア トリート」の合言葉でお菓子などを進呈する「ハロウィンスタンプラリー」(参加費=540円、先着200人)を行うほか、「ハロウィンパレード」も開催。立川市の名産・ウドの怪獣で、同市の「公認なりそこね」キャラクター「ウドラ」とともに、同店正面玄関から立川駅北口ペデストリアンデッキ周辺をパレードする予定(参加無料。同スタンプラリーに参加した先着50人)。

 「ぜひいろいろな企画に参加して、当店を楽しんでいただければ」と篠崎さん。

 営業時間は10時~19時30分。ワークショップの開催日時や参加料は内容により異なる。10月31日まで。

  • はてなブックマークに追加