見る・遊ぶ

立川で「東レ パン パシフィックOP」イベント 大坂なおみ選手の等身大パネルも

昨年の公開ドローの様子

昨年の公開ドローの様子

  •  

 全米オープンテニスで日本人初の優勝を果たした大坂なおみさんも出場する「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2018」のスペシャルイベントが現在、「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」(立川市泉町)で展開されている。

 同大会は、1984(昭和59)年に始まった国内最大の国際女子テニストーナメント。2008年度大会から使用してきた有明コロシアム(江東区)と有明テニスの森(同)の改修工事に伴い、本年度はアリーナ立川立飛(泉町)とドーム立川立飛(同)を会場に選定。予選を9月15日・16日に、本戦を17日~23日に開催する。

[広告]

 今大会のイベントサポーターとなった「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」では、同大会開催にあわせ、さまざまな催しを行う。

 大会開催に先立ち、8月30日から同館2階で同大会の歴史や大坂なおみ選手の等身大パネル、優勝杯などを展示するパネル展を開催(9月24日まで、優勝杯は9月21日まで)。

 同15日には2階イベント広場・ステージで、シングルス本戦の組み合わせの抽選を公開で行う「シングルス本戦公開ドロー」を行う。当日はWTAスーパーバイザー、レフェリー、トーナメントディレクターに加え、ゲストとして選手2人の出演を予定。組み合わせ抽選には来場者も参加できる。

 同18日には2階イベント広場・ステージで、浴衣を着た選手が羽根つきにチャレンジする「浴衣で羽根つき」も開く。

 営業時間は、スーパーマーケット=9時~22時、ショッピング・サービス・フードコート=10時~21時、飲食・レストラン街=11時~22時。イベントの開催時間は内容により異なる。