食べる

国立に「覆面店長」が焼くクレープ店 趣味の格闘技と甘いもの好き高じて

「マスク・ド・ドルチェ」店長

「マスク・ド・ドルチェ」店長

  •  

 国立駅南口にクレープ専門店「ドルチェクレープ」(国立市東2)がオープンしてから4カ月がたった。

 クレープを焼くのは覆面をかぶり「マスク・ド・ドルチェ」と名乗る店長。趣味が格闘技で、甘いもの好きが高じてクレープを独学で学び開店に至ったという。「自分がマスクをかぶっていることで、男性のお客さまも入りやすくなるのでは。マスク姿も楽しんでほしい」と店長は話す。店長とのツーショット写真を撮って行くお客も多いという。

[広告]

 メニューは全32種類。クレープは焼きたてを食べてほしいとの思いから、注文受けてから一枚ずつ焼く。ベリーはフレッシュな生のものにこだわっている。一番人気のメニューは、店長のおすすめでもある「ミックスベリーキャラメルブリュレ」(680円)。生クリームにブルーベリー、イチゴ、ブリュレケーキとクッキーが入る。カスタードチョコ(490円)、バナナチョコクッキー(520円)、ミックスベリーアイス(650円)などのほか、ツナポテト(540円)、テリヤキチキンタマゴチーズ(600円)などの食事系メニューもそろえる。

 「夜遅くまで開店しているので、男性の方にもぜひ仕事帰りにでも寄っていただきたい。まず、この店を多くの方に知っていただき、クレープといえばここというような愛される店に育てていきたい」と話す。

 営業時間は日により変わる。ツイッターで確認できる。