見る・遊ぶ

大相撲立川立飛場所、8月6日開催へ 握手会や「相撲甚句」「初切」なども

2019年夏巡業 大相撲立川立飛場所

2019年夏巡業 大相撲立川立飛場所

  •  
  •  

 「2019年夏巡業 大相撲立川立飛場所」が8月6日、「アリーナ立川立飛」(立川市泉町)で開催される。勧進元は「立飛ホールディングス」(栄町6)。

 立川市内での巡業は、37年ぶりの開催となった2016年、2018年に続くもので、昨年に引き続きアリーナ立川立飛内に土俵を作り、開催する。同社地域貢献推進室の担当者は「2020年のオリンピックに向けて『スポーツの街 立川』を盛り上げるべく、さまざまな取り組みを行っており、大相撲は日本の国技である相撲道を伝承する巡業を夏休みの子どもたちや地域の皆さまに喜んでいただけるよう8月に開催する。当社が取り組む『地域の発展と社会に貢献』につながる催しにしていけたら」と話す。

[広告]

 当日は、公開稽古が行われた後、序二段・三段目・幕下取組、十両取組、幕内取組が行われる。力士との握手会や、「相撲甚句」「初切(しょっきり)」「髪結実演」「横綱綱締実演」なども予定されており、「関取や力士を身近に感じられる巡業ならではの内容」と同担当者。

 客席は約4000席を用意する。今回から1階のレイアウトを変更し、タマリ席、マス席の寸法を通常よりゆとりのある約75センチ四方とするほか、ひな壇状の1階スタンド席を設け、快適性が上がるよう工夫したという。

 料金は、タマリ席=1万3,000円~、マス席(2人分)=2万2,000円、1階席=1万円~、2階席=6,000円~、車いす席(付き添いを含む2人分)=1万4,000円など。弁当・お茶などをセットにした「お弁当・お土産セット」も用意し、チケット申込時に予約を受け付ける(予約販売のみ)。チケット販売はショッパーチケットサービスで、電話(TEL 0570-007-677)またはインターネットで受け付ける。

 8時開場。15時打ち出し(終了)予定。

  • はてなブックマークに追加