見る・遊ぶ

立川のボードゲームカフェ「ジョルディーノ」がオリジナルゲーム開発

ボードゲーム「Dreamia(ドリーミア)」

ボードゲーム「Dreamia(ドリーミア)」

  •  
  •  

 立川駅南口の「アンティーク&人狼・ボードゲーム喫茶 JOLDEENO(ジョルディーノ)」(立川市錦町2、TEL 042-595-9222)がボードゲーム「Dreamia(ドリーミア)」を開発し、5月27日に販売を始めた。

 電源を使用しないアナログゲームが集まる国内最大級のイベント「ゲームマーケット」に自分が作ったオリジナルゲームで参加したいと思っていたという同店店長のジョルさんが、ボードゲーム制作の経験を持つ友人・シンヤさん、デザイナーのさちえさんと共に開発した。同店初のオリジナルボードゲームとなる。

[広告]

 ゲームは「みんなで笑える」をコンセプトに据え、「今まで使用されているのを見たことがない題材を取り入れたいと思い、たどり着いた」という「糸」を切り口に3カ月かけて開発。ジョルさんは「ルールを考える時には、誰かが1人勝ちするのではなく皆が平等に遊べること、プレーヤーが暇になる時間がないなど、何度も遊べるゲームにするためゲームバランスに気を使った」と振り返る。

 「この糸が、君と僕の夢をつなぐ」と題した同ゲーム。プレーヤーが夢の妖精となり、魔法の糸で人間たちの夢を作り届けるというストーリーで、2~3人なら協力型、4~6人なら対戦型のゲームとなりプレーヤーの人数によって異なった楽しみ方ができるほか、夢の内容を子ども用と大人用で使い分けることもできる。

 発売前には50回余りの試遊も実施した。ジョルさんは「学校などではマイノリティがいじめにあうこともあるが、このゲームでは主役になれる。みんなと同じでないことがプラスに働き、本人も楽しく、他の参加者も盛り上がる。個性が生きるゲーム」と笑顔を見せる。「感性が違うので、男女混合、年齢もバラバラの方が楽しいと思う。ボードゲームをしたことがない方も遊んでみてほしい」と呼び掛ける。

 価格は3,000円。対象年齢10歳以上。

  • はてなブックマークに追加