見る・遊ぶ

立川市中央図書館で「凪のお暇」紹介展示 ドラマ台本、黄色い扇風機の展示も

紹介展示「立川が舞台のマンガ・ドラマ『凪のお暇』」

紹介展示「立川が舞台のマンガ・ドラマ『凪のお暇』」

  •  
  •  

 立川市中央図書館(立川市曙町2)で現在、紹介展示「立川が舞台のマンガ・ドラマ『凪(なぎ)のお暇』」が行われている。

 「凪のお暇」は、「エレガンスイブ」(秋田書店)でコナリミサトさんが連載中の人気漫画。「ananマンガ大賞」の第8回で大賞に、「第22回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門」で優秀賞に選ばれるなど数々の賞を受賞しており、累計で250万部を突破(1巻~5巻)。今年7月~9月には、主人公の大島凪を黒木華さんが演じ実写ドラマ化され、TBS系列で放映された。

[広告]

 同展の開催について、立川市産業観光課の担当者は「立川が舞台ということで、同コミックの紹介展示を今年3月~と6月~の2回にわたり、同図書館で開催してきた。今回は、ドラマ化に際し図書館も含め市内数カ所で撮影が行われたこともあり、実際に撮影で使われた品を提供いただくことができた。貴重な品々を多くの方にご覧いただきたいと思い企画した」と話す。

 期間中は、実写ドラマの第1話~最終話と最終話リブート版の台本計11冊、黄色の扇風機など、ドラマで使われた品を展示するほか、原作やドラマで登場したスポットを紹介した市報「広報たちかわ」(9月25日号)の記事や、立川の魅力を発信するウェブサイト「たらった立川」の同作の特集、市のガイドブックなども併せて紹介する。

 担当者は「見応えのある展示となっていると思うので、この機会にお越しいただければ。そして、原作やドラマに登場したスポットを巡って、『お暇』気分を味わってみていただけたら」と来街を呼び掛ける。

 開催時間は10時~20時(土曜・日曜・祝日は17時まで)。月曜・第3木曜休館(祝日の場合は翌平日)。10月14日まで。

  • はてなブックマークに追加