見る・遊ぶ 買う

東小金井で「家族の文化祭」開催へ 「根ざす」テーマに

「家族の文化祭」過去の開催時の様子

「家族の文化祭」過去の開催時の様子

  •  
  •  

 JR中央線・東小金井駅東側高架下の交流拠点「コミュニティステーション東小金井」(小金井市梶野町5)で11月4日、「家族の文化祭」が開催される。

 「家族の文化祭」は、「コミュニティステーション東小金井」の1周年記念イベントとして2015(平成27)年10月に始まったイベントで、以降、秋と春の年2回開催されてきた。地域で暮らし、集まる仲間を「かぞく」と捉え、大人も子どもも一緒に楽しめるイベントを目指す。

[広告]

 「コミュニティステーション東小金井」と、同駅西側に整備された「Suicle(スイクル)ポート」とカフェから成る回遊拠点「モビリティステーション東小金井」が5周年を迎える今回は、同イベントのテーマを「根ざす」とした。同拠点内に出店する「dogdeco HOME」の池田功さんは、「結婚して5年目のお祝いを木婚式と呼ぶが、家族として一本の木のようにしっかりと地面に根を張り、一体となって将来を見据えて歩んでいくという意味があるという。両施設は5周年を迎えるが、植物が根差し育っていくように、私たちも地域に根差し、歩んでいきたいと思う」と話す。

 当日は約30店舗が出店する。「おいしいマーケット」と題し、飲食、革製品や雑貨、ペットグッズなどの店が軒を連ねるほか、草木染めや寄木アクセサリー作りなどのワークショップも用意する。ステージでは「biobiopatata(ビオビオパタタ)」「COINN(コイン)」などによる音楽ライブやけん玉パフォーマンスが同イベントを盛り上げる。

 メインワークショップの「まちなか植物観察」では、植物観察家の鈴木純さんとイラストレーターのやまさき薫さんを講師に迎え、ルーペやメモ帳など観察グッズを作り、会場内の植物を観察する。開催は、親子を対象とした10時30分~、12時30分~(以上、定員8組)と、大人を対象とした14時30分~(定員14人)の3回(予約は先着順で定員に達し次第受付終了。当日募集も予定する)。参加費は1,000円。

 サテライト会場の「梶野公園」(同)では、けん玉ワークショップやベーゴマ遊びなどを用意するほか、レジャーシートの貸し出しも行う(雨天中止)。

 池田さんは「家族や仲間、愛犬も一緒にお越しいただいて、ゆっくりと楽しんでいただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時。小雨決行、荒天中止。

  • はてなブックマークに追加