学ぶ・知る

「ロケの街盛り上げ隊!」展 昭島市・狛江市・立川市が撮影誘致を合同PR

普段なかなか見ることができない小道具や台本を間近で見られる

普段なかなか見ることができない小道具や台本を間近で見られる

  •  
  •  

 テレビや映画の撮影誘致を積極的に行っている昭島市と狛江市、立川市が合同で現在、PR展「ロケの街盛り上げ隊!」を東京観光情報センター多摩(立川市柴崎町3)で開催している。

 3市は撮影誘致に力を入れている自治体として、これまで情報交換や撮影案件の紹介などをしてきた。近年、ロケ地巡りの人気を受け、広域にPRする良い機会として、今回の合同展示に至ったという。

[広告]

 昭島観光まちづくり協会の昭島ロケーションサービス担当の河西さんは「メディアを通した昭島市の魅力を発信するため、撮影誘致に注力している。昭島ならではの強みとして、多数のボランティアエキストラと企業や店舗、民家といった多彩なロケ地がある。日頃から展示などを通して地域住民の理解を得るとともに機運を高める活動を行っている」と話す。

 今回、昭島市は、ドラマ「ミラー・ツインズ」で物語の重要な場所となる公園で使用された看板を展示。ドラマ「凪のお暇」のロケ地になったくじらロード商店会やさまざまな作品でボランティアエキストラが出演した様子もパネルで展示している。狛江市は、昨年話題になったドラマ「あなたの番です」をはじめ、多摩川河川敷やむいから民家園で撮影された作品などをパネルで紹介。立川市は、立川が舞台となった「凪のお暇」を中心に、作中に登場した主人公の黄色い扇風機や台本を展示している。

 河西さんは「実際に撮影に使われた小道具や台本は普段なかなか見ることができない。今回は、各市で撮影された主な作品を一覧で紹介して、来場者が見たことのある作品が一目で分かるように工夫した。お気に入りのドラマが実は身近で撮影されたと分かればもっと楽しくなるはず。ぜひたくさんの人に来場してほしい」と呼び掛けている。

 開催時間は10時~21時30分(日曜・祝日は21時まで)。2月2日まで。

SmartNews Awards 2019