食べる 買う

立川のコーヒー店「クリムト」が刷新 エスプレッソのスタンディングカウンターも

スタイリッシュな雰囲気の店内にリニューアル

スタイリッシュな雰囲気の店内にリニューアル

  • 49

  •  

 立川北口駅前のコーヒー店「クリムト(旧名=キャフェ クリムト)」(立川市曙町)が5月9日、リニューアルオープンした。

バリスタの白川店長

[広告]

 4月27日にリニューアルオープンした洋菓子店「エミリーフローゲ」の姉妹店で、創業者の岩崎茂雄さんが「立川がヨーロッパの街のように『文化の発信地』になってほしい」という願いを込めて、1975(昭和50)年に好きな画家グスタフ・クリムトの名にちなみ同店を創業。その5年後にクリムトの恋人の名にちなみ、エミリーフローゲをオープンし、長年地元で愛されてきた。

 エミリーフローゲのリニューアル同様、同社の理念「本物を作る」の下、同店も素材、食器、建物にこだわり、「本物のコーヒーを届ける」ため、バリスタを新店長に迎えた。

 店長に就任したバリスタの白川さんは、コーヒー好きで学びを深めるために福岡から上京。コーヒーの学校に通ったりバリスタに師事したりした後、都心のイタリア料理店にバリスタとして勤務していた。白川さんは、かつて岩崎さんが抱いた「立川を文化の発信地に」という夢と、「本物を作る」という理念に共感して入社。「立川のエスプレッソ文化の拠点になりたい」と意気込む。

 コーヒーはイタリアのブランド「ミシェラドーロ」の「グランドアロマ」と、代官山の自家焙煎(ばいせん)店「ファソン」の「クリムトブレンド」の2種類を提供。ミシェラドーロは、コーヒーの香りの余韻が長く残り、コーヒーの苦みを味わえるという。ファソンは、日本でブレンドされたはやりのスペシャルティコーヒーで、ナチュラル製法の豆を使っているため、「果肉の甘味や酸味が感じられるフルーティーな香りと甘い味が特徴」とも。

 2種類の豆で、エスプレッソ(330円)、アメリカーノ(R=450円、L=500円)、カフェラテ(同=530円、L=630円)から選べ、バリスタが一杯ずつ調整しながらいれて提供する。併せて、トースト(300円)やサンドイッチ(330円~)、クロックムッシュ(350円)、エミリーフローゲの焼き菓子やパンも用意。

 「本物のエスプレッソを味わってほしい」と、エスプレッソだけは店内のみで陶器のカップで提供するほか、スタンディングカウンターも用意。白川さんは「コーヒーの香りの余韻が長く口の中に残って楽しめるので、通勤前の電車に乗る前に、ぜひ一杯飲んでいってほしい。スタンディングカウンターとエスプレッソマシンの場所も近いので、バリスタと会話してコミュニケーションも楽しみ、朝の時間を有意義に使っていただければ」と利用を呼びかける。

 「店内もスタイリッシュな雰囲気となったため、お客さまにも少しだけ背伸びして、ここにいる時間は普段と違う気持ちになってもらえれば。クリムトのエスプレッソを飲むために立川に行きたいと思ってもらえるような店にしていきたい」とも。

 営業時間は8時~21時(土曜・日曜・祝日は9時~)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース