食べる 買う

立川・グリーンスプリングスに「S・E・C」 ビストロフラットの姉妹店

立川・グリーンスプリングス「S・E・C」のスタッフ

立川・グリーンスプリングス「S・E・C」のスタッフ

  • 52

  •  

 フレンチ小皿料理とナチュラルワインの店「S・E・C(セック)」がグリーンスプリングス(立川市緑町)にオープンして1カ月がたった。

立川・グリーンスプリングス「S・E・C」グランドメニュー

[広告]

 運営は、「Bistro flat(ビストロ フラット) 」(錦町1)、「TEPATOMOKA(テパトモカ)」(高松町3)など、系列店4店舗を立川・西荻窪に展開する「ソーシャル・エピセ」(錦町1)。4店舗と同じく手作りのよさを届けたいと同社のコンセプトで「Seasons=季節や旬を大切に」「Essence=本質を捉えて」「Craft=創り上げる」を店名にしたという。席数は60席。街区2階「ビストロ・サイトウ」の跡地に出店した。

 社長の中沢隆文さんは「グリーンスプリングスへの出店は、2年前のオープン当初から何度か話があったが、初の大型店舗ではサービス低下の恐れや、家賃などの点で敬遠してきたが、スタッフとも話し合い、この素晴らしい空間で街場のクオリティーを届けようと決断した」と話す。店内には、中沢さんの故郷・名古屋の「STORE IN FACTORY(ストア・イン・ファクトリー)」から調達した木のアンティーク家具を置く。

 メニューは、「ウェルビーイングサラダ」(1,650円)、「生ハム各種」(770円~)、「プレーンオムレツ」(1,100円)、「生パスタ各種」(2,200円)、「牛フィレとフォアグラのロッシー二風ペリグーソース」(3,080円)など。ランチコースの価格は1,980円から。

 「ウェルビーイングサラダは、定番のフレンチ総菜10種類を盛り合わせたサラダの上に雲に見立てたソースを乗せた。イタリア製の機械で切った生ハムのほか、フランス料理をソースまで味わえるように仕立てたパスタ、自然派のワインも提供する。日常以上・特別未満を楽しんで」と中沢さん。「12年目を迎える今年、スタッフ皆で同じ方向を見て乗り越えていきたい。開店当初から自分たちが大切にしてきた思いを、この空間で楽しんでいただければ」と来店を呼びかける。

 営業時間は、ランチ=11時~16時、ディナー=17時~22時(土曜・日曜・祝日は11時~22時)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース