見る・遊ぶ

ファーレ立川アート写真コンテスト 「アートを切り撮れ!」キャッチフレーズに

第1回大賞作品  前川勝さん「影踏み」

第1回大賞作品 前川勝さん「影踏み」

  • 0

  •  

 ファーレ立川アート管理委員会は現在、「ファーレ立川アート写真コンテスト」の参加作品を募集している。

 ファーレ立川アートは、多摩モノレール立川北駅周辺の街並みの中に設置されたパブリックアート作品群。世界36カ国92人の作家による109の芸術作品が人々の目を楽しませている。同委員会はファーレ立川アートを守り、育て、伝えていこうとする関係団体により結成された。

[広告]

 同コンテストは、ファーレ立川アートを広く知ってもらうための取り組みの一つで、第1回の昨年は49人から120作品の応募があった。

 コンテストのキャッチフレーズは「アートを切り撮れ!」。ファーレ立川アートを含めて撮影した未発表・未加工の作品であれば、プロアマ問わず応募できる。10月に応募作品の展示を行い、主催者選出の審査員と一般投票により、大賞ほか各賞を決定する。入賞作品を使ったオリジナルグッズの製作も予定する。

 立川市地域文化課の柳澤彰子さんは「ファーレ立川アートをモデルに、カメラがつかまえたシーンを1枚の写真に切り取って応募いただければ」と呼び掛ける。

 応募は持参か郵送で受け付ける。締め切りは8月10日。