食べる 買う

立川の新名物チョコレート「ショコラティエ エレガンス」、伊勢丹バレンタインフェアに出店

立川の四季を表現したバレンタイン限定ボンボンショコラ

立川の四季を表現したバレンタイン限定ボンボンショコラ

  •  

 立川の自然をテーマにしたチョコレートブランドを展開しているchocolatier elegance(ショコラティエ エレガンス)は2月6日~14日、伊勢丹立川店(立川市曙町2)で開催するバレンタインステーションに出店し、バレンタイン限定デザインのボンボンショコラなどを販売する。

 同ブランドは昨年、立川の新名物を作ろうと、クラウドファンディングサイト「FAAVO」で支援を呼び掛け、設立。チョコレートを作るのは、有名菓子店などで経験を積み、伊ミラノで行われた国際大会「FIPGC」ボンボンショコラの部門賞で1位になったショコラティエ。これまでに催事やネットなどで販売し、立川の自然をイメージしたチョコレートが注目されてきた。

[広告]

 代表の山本優さんは「昨年、立川の情報誌に掲載されたことで、さまざまな反響があった。今回、伊勢丹立川店から催事の依頼を受けたのもその中の一つ」と、出店に至った経緯を語る。

 今回販売するのは、定番のボンボンショコラ4粒入り(1,200円)、立川の四季をイメージしたバレンタイン限定デザインのボンボンショコラ4粒入り(2,000円)、バレンタイン限定の金箔(きんぱく)入りテリーヌショコラ(2,300円、価格は全て税別)など。ボンボンショコラは一粒一粒手作りし、「宝石のような見た目と滑らかな口溶け」が特長。立川の四季折々の美しさを表現しているという。

 山本さんは「テリーヌショコラは別名『大人のチョコレートケーキ』と毎度好評を得ている商品。チョコレートの濃い味とブランデーのいい香りが口いっぱいに広がる。ビターなブラックコーヒーや赤ワインとの相性が抜群」と話し、特別なプレゼントや自分へのご褒美チョコレートとしても提案している。

 営業時間は10時~19時30分。

 同ブランドは、4月末から立川商工会議所の創業者支援施設チャレンジショップ「コラボ」(柴崎町3)で1年間限定のチョコレートカフェをオープンすることが決まった。チョコレートスイーツやチョコレートを使った料理、「こだわり」のコーヒーや紅茶などを提供する予定。