暮らす・働く

立川のスポーツ自転車専用・室内駐輪場「サロクストレージロケーション」が1周年

室内のため大切な愛車を安心して駐輪できる

室内のため大切な愛車を安心して駐輪できる

  •  

 立川駅北口の会員制スポーツ自転車専用室内駐輪場「サロクストレージロケーション」が2月20日、1周年を迎える。

 「大切な愛車を安心して駐輪できる場所を!」をスローガンに掲げ、会員制でスポーツ自転車のみを対象とする駐輪場。スポーツ自転車といわれるクロスバイクやロードバイクの中には高価なものもあり、一般的な駐輪場では盗難や破損、雨風によるサビなどが懸念されるという。

[広告]

 代表の常住エリさんは「当時、立川駅周辺にクロスバイクやロードバイクの専用駐輪場はなく、盗難多発地区でもあった。高価な自転車のユーザーが通勤に使いたくても諦めて、電車通勤にしているのではないかと考えた」と、専用駐輪場を開いたきっかけを話す。

 駐輪場では入退室管理システムでセキュリティーを強化。年中無休で24時間入出庫ができる。屋内駐輪のため天候による自転車が劣化する心配もない。さらに、暑い季節の汗対策としてシャワー室も完備。ロッカーや工具、空気入れなどもそろっている。自転車通勤の利用だけでなく、自宅に置き場がない人やシーズンオフ中の自転車の置き場としても利用されるようになった。

 「サロク(さろく)」は私の地元・熊本の方言で『歩き回る』『うろうろする』の意味。サイクリストの方々に盗難や破損の心配をせず、立川駅周辺を満喫してほしい」と常住さん。

 利用料金は月額6,500円、ロッカー利用料月額500円。3月31日まで2週間の無料体験と体験後1週間以内の入会で1カ月無料サービスのキャンペーンでを展開する。