3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

ららぽーと立川立飛そばに「TOHOシネマズ」 ラブ・サイケデリコNOKIさんが音響監修

巨大スクリーンとNAOKIさん監修のスピーカーシステムを備える「プレミアムシアター」

巨大スクリーンとNAOKIさん監修のスピーカーシステムを備える「プレミアムシアター」

  • 119

  •  

 「TOHOシネマズ立川立飛」が9月10日、ららぽーと立川立飛(立川市泉町)の近接地にオープンした。

立川エリア初となる「イマーシブ・サウンド・システム」対応のIMAXデジタルシアター

 9スクリーン、1605席のシネマコンプレックスとなる同施設。立川エリア初となる「イマーシブ・サウンド・システム」対応のIMAXデジタルシアターを導入。イマーシブ・サウンド・システムは12.1chの音響システムで、従来のIMAX6.1chシステムに左右両サイドと天井にチャンネルを加えることで「映画の臨場感」をより楽しむことができるようにした。

[広告]

 TOHOシネマズはこれまで音響にこだわり、日比谷の劇場では独自のスピーカーを開発。日比谷の音響に共感したアーティストが、「LOVE PSYCHEDELICO(ラブ・サイケデリコ)」のNAOKIさん。日比谷の音響にほれ込み、自身のライブツアーでも同じ仕様のカスタムスピーカーを採用するなど、TOHOシネマズの音響環境を高く評価。同施設では、ミュージシャンの音に対するこだわりを劇場で再現するため、NAOKIさんに音響監修を依頼。日本初の映画(劇場)と音楽(アーティスト)のコラボレーションとなった。

 NAOKIさんが音響監修を手掛けたのは「轟音(ごうおん)シアター」「プレミアムシアター」の2スクリーン。轟音シアターは、「TOHOシネマズ池袋」に導入されたアイソバリック方式を採用したサブウーハーを使用。スピーカーユニットを向かい合わせで駆動させることで、通常のサブウーハーの1.5~2倍のパワーが発揮でき、空気を震わせる体感型サウンド・シアターとなる。

 プレミアムシアターは、同社独自規格の巨大スクリーン「TCX」と、コンサートホールのようなプレミアムサウンドをシアターの形状に最適化したカスタムオーダースピーカーシステム。ボックスで仕切られたセミプライベートな空間で革張りの「プレミア ボックス シート」を備える。

 NOKIさんは「これまで映画業界には反映されてこなかったレコーディングの世界でのイコライジングの技法とスピーカーチューニングのあり方を提案。無数のスピーカーの設置により客席に届くまでに生じるディレイ(遅延)を排除するため、人の耳による10万分の1秒単位で調整を実現した。劇場特融の音のズレを徹底的に解消したこのスクリーン。チーム一丸となって『日本一の映画館』を目指して挑んだこの施設を楽しんでいただければ」と来館を呼び掛ける。

 飲食売店には、TOHOシネマズ初のドリンクバーも設置。1967年、米テキサス州サンアントニオ市創業の飲料ディスペンサーメーカー「LANCER CORPORATION」によるもので、従来の大きさの1.5~2倍となる大型ドリンクバーとなっている。

 IMAXデジタルシアターで9月10日~17日、CGを極力使わず「本物にこだわる」ノーラン監督作品を上映。ほか、「スタジオ地図・細田守監督作品 特別上映」「シン・ゴジラ『轟音』特別上映」「『轟音!ガルパン』特別上映」などを予定する。

 料金は、一般・シニア・大学・専門学校生=1,600円、高校生以下・障がい者割引=1,500円、プレミア ボックス シートは1,000円追加。

Stay at Home