暮らす・働く 学ぶ・知る

立川で大型職業体験イベント、3年ぶり開催へ 参加者のための説明会も

2019年の参加者の集合写真

2019年の参加者の集合写真

  • 49

  •  

 立川で大型職業体験イベント「キッズドリームチャレンジ2022」が7月からで開かれる。

立川消防署での消防士体験

[広告]

 子どもたちが職業体験を通して社会の仕組みや人のつながり、支え合いの心の大切さ、人のために何かを成し遂げ感謝される喜びを体験することで、自己肯定感や自主性、地域愛を育み、将来の夢を描く機会を創出することを目指す同イベント。2014(平成26)年から毎年開催していたが、新型コロナウイルスの影響で一昨年、昨年は中止となった。

 今年は、アナウンサー、ヘアメーク、パティシエ、ネイリスト、消防官、スタイリスト、ファーマーの7職種の職業体験を用意。地元の企業や消防署、専門学校などが協力し、プロの講師による本物の現場を体験できる。アナウンサー体験はエフエムラジオ立川が協力し、プロの発声練習などを行い、発表会では司会を担当、ラジオ局で生放送にも出演する。

 7月3日の全体学習会では、仲間たちとのコミュニケーションを深めるためにチームビルディングなどを実施。7月中旬から9月中旬の夏休み期間にかけて、各業種の技術や知識を学び、発表会に向けて4回程度の職業体験を行う。9月11日の学習発表会で、学びを得た成果を発表する。発表会は例年、サンサンロードで一般公開していたが、今年は感染拡大防止対策のため、アイムホールで保護者限定・人数指定で行う。

 実行委員長の新井敏之さんは「今までやっていたサンサンロードでの発表会やお祭りは行わずに縮小となるが、感染対策に注意して開催できることとなった。子どもたちが勉強以外の体験を通して、仕事の楽しさや将来の夢を考えるきっかけになれば」と参加を呼びかける。

 対象は立川市および近郊に住んでいる小学4~6年生。参加希望者は、6月5日に立川市柴崎学習館ホールで開かれる説明会に参加、または動画視聴の上、ウェブで申し込む。参加費2,000円。定員は45人で、申し込み多数の場合抽選。説明会の開催時間は、1回目=10時30分~11時30分、2回目=14時30分~15時30分。動画は6月1日から配信予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース