食べる 見る・遊ぶ

東大和で応募型スイーツウォーキング #東大和エール飯とコラボ

イベントポスターを持つ東大和市市民環境部産業振興課の佐藤義明係長

イベントポスターを持つ東大和市市民環境部産業振興課の佐藤義明係長

  • 8

  •  

 東大和で11月1日から、「第11回ひがしやまとスイーツウォーキング×#東大和エール飯 レシートを集めて応募キャンペーン」が始まった。

第11回ひがしやまとスイーツウォーキング×#東大和エール飯 レシートを集めて応募キャンペーン チラシの表面

[広告]

 「ひがしやまとスイーツウォーキング」は、市内のスイーツ取扱店と協力してウォーキングイベントウオーキングイベントを実施する行うことで、観光と商業振興に寄与するだけでなく、参加者の健康維持と増進を図ること目的に、2012(平成24)年から開催している。コロナ禍以前は、人気のスイーツ(和洋菓子、パン)取扱店で自慢の逸品を食べ歩き、観光スポットを散策しながら指定のコースを歩きゴールを目指すというものイベントだった。

 タッグを組んだした「#東大和エール飯」とは、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で苦労している市内の飲食業をテイクアウトの力で応援するプロジェクト。店舗利用者はテイクアウトしたメニューを、飲食業者はテイクアウトできるメニューを撮影し、「#東大和エール飯」のハッシュタグをつけて付けてSNSに投稿することで、検索してくれた人へ店舗の利用を促す。

 同イベントは、2020年開催の第9回から「#東大和エール飯」とタッグを組み応募型のキャンペーンを開催することで、コロナ化で苦難するスイーツ取扱店以外の飲食業も応援。対象店舗はタッグを組む前と比べ20店舗程度増えた。市内の対象店を利用してレシートまたは領収書を集め、専用の応募用紙と一緒に封筒に入れ、市役所の産業振興課窓口の応募ボックスに投函かんもしくは郵送し応募すると抽選で賞品が当たる。応募は一口5,000円より。レシートの有効期間は12月31日まで。

 賞品には、参加店舗のスイーツ詰め合わせと併せて、福島県喜多方市との友好都市10周年を記念して同市のスイーツ詰め合わせなどを用意する。

 同市市民環境部産業振興課の佐藤義明係長は「応募型でのイベントは3年目。新規参加店舗が増えたほか、プレゼント内容も変更したので、参加する方に過去2回と違った楽しみを発見してもらえれば。コロナに負けずウォーキングイベントウオーキングイベントとは違う観点から、東大和市を盛り上げていきたい。このキャンペーンを機会に、市内の参加店舗を巡って『美味しい』逸品と、東大和市内の魅力を再発見してほしい」と呼びかける。

 応募締め切りは2023年1月14日必着。応募者多数の場合抽選。商品の発送は2023年1月中旬を予定する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース