立川で「星空サイエンスカフェ」 皆既月食テーマに

専門家によるサイエンストークの様子

専門家によるサイエンストークの様子

  •  

 立川のホームギャラリーステッチ(立川市柏町4)で1月28日、星空サイエンスカフェ「徹底解説!皆既月食~見逃せない!東京で3年ぶりの皆既月食~」が開かれる。

 主催は、プラネタリウム解説員で天文ナビゲーターの坪内重樹さんと、元劇団四季で、現在はエンターテインメント経験を生かした天文企画を展開するおのまりさんの星好きな2人組「ステラ・マリーノ」。同ユニットで、親子向けの天文イベントや天体写真講座、泊まりがけで星を楽しむイベントなどを開催。今回で9回目となる星空サイエンスカフェは、不定期で年2回程度行っているという。

[広告]

 今回のテーマは「皆既月食」。1月31日に東京で3年ぶりに見られる皆既月食の仕組みや経過、観察方法を解説。ミニプラネタリウムでのプラネタリウム投影も行うほか、天気がよければ望遠鏡で月やすばるの観望も予定する。後半には茶話会も行う。

 「少しでも多くの方に星を見る楽しみを伝えられたらうれしい。星や宇宙を通じて親と子、人と人のコミュニケーションの一端を担えたら」と坪内さん。

 「皆既月食は絶好の条件で楽しめ、見逃せない。専門家による話やミニプラネタリウムでの星空散歩、本物の天体の観察など盛りだくさん。飲み物片手にゆったりと星を楽しむひとときを過ごしてもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は18時~20時45分(予定)。途中の参加も可能。参加費は1,300円(ドリンク・菓子付き)、小学生以下無料。申し込み・問い合わせは、電話(TEL 070-5457-6345)かメール、フェイスブックのメッセージで坪内さんまで。