見る・遊ぶ

立川の自販機で販売 「とある」飲料が新デザイン、発売5周年企画も

新デザインのイメージ。&copy2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ
©鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN S

新デザインのイメージ。©2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ ©鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN S

  •  

 アニメ「とある魔術の禁書目録」シリーズのヒロイン・御坂美琴が愛飲する「ヤシの実サイダー」をイメージして開発された「ヤシの実&パインサイダー」の缶デザインがリニューアルされ、7月16日から立川市内の自動販売機で販売されている。

 「とある魔術の禁書目録」は鎌池和馬さんによるライトノベルシリーズ。同シリーズのアニメ作品で、舞台設定や背景に立川駅周辺が使われていることから、作中の風景を探しに立川を訪れるファンも多い。

[広告]

 同飲料は、「とある自治体の地域振興」と題し、立川観光協会が取り組むアニメによるまちづくり事業の一環で販売を開始。現在は立川市内12カ所に設置された「とある」シリーズのオリジナルデザインの自動販売機で販売しており、 2014年の発売以来、同作ファンを中心に好評を博している。

 2018年度版のデザインは、「インデックス&御坂美琴」「上条当麻」「アクセラレータ&ラストオーダー」「五和」の4種類。イラストは同飲料のために新たに描き下ろされたもので、作画は「とある」シリーズ総作画監督の田中雄一さんが担当した。350ミリリットル入り。価格=140円。

 「コトブキヤ立川本店」(立川市緑町4)では、同飲料発売5周年を記念した企画を用意する。7月27日には、同店に「インデックス」と「御坂美琴」の描かれたオリジナルデザインの自動販売機を期間限定で設置(年内までを予定)。

 8月6日から9月2日には、「5周年記念 自販機写真ラリー」を開催。期間中、市内に設置されている「とある」の自動販売機の写真を5台分撮影し、同店1階のレジに持参すると、2018年度版の同飲料のパッケージのイラストが描かれた「ミニカード」(全4種)を1種類進呈する(無くなり次第終了)。

 同店1階では、歴代の同飲料のパッケージやキャラクターの等身大POP、今年10月からTOKYO MXなどで放映予定のアニメ「とある魔術の禁書目録Ⅲ」の特大バナーなども展示。「とある自治体の地域振興グッズ」など「とある」シリーズのグッズの販売も行う。

 同自動販売機の設置場所は立川観光協会のホームページで確認できる。