3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

玉川上水のカフェ、子どもの居場所・学習環境を提供 休校措置のサポートで

高校生ボランティアスタッフが小中学生の学習をサポートする

高校生ボランティアスタッフが小中学生の学習をサポートする

  • 101

  •  

 小中学校一斉休校を受け、玉川上水近くにある「Cafe&Photostudioイロノハ」(立川市幸町5、TEL070-4398-2256)が、子どもの居場所作りとして期間限定のフリースクールと子ども用の昼食を提供する。

カフェのある2階の部屋を提供してもらい、子どもたちの居場所に。

 学校だけでなく図書館・児童館等の施設も閉鎖する中、子どもたちの居場所が無くなること、給食が無くなり栄養バランスの整った昼食の提供ができなくなること、1カ月間勉強を教えてもらうことが無くなることの不安を抱えている親が多いことを受け、居場所、昼食、学習環境を子どもたちに提供することを目的に開く。

[広告]

 フリースクールは学習塾「二階の窓」(東大和市)が監修し、同カフェ2階にある2部屋をシーズプレイス(立川市錦町)が提供し協力する。自学自習をベースに高校生ボランティアが丸付けや、分からない問題を一緒に考えるなどの学習サポートをするほか、子どもたちの話し相手にもなるという。感染症対策として、人数過密を防ぐため1部屋6人までとし、定期的に部屋の換気、ドアノブなどの消毒を行い、入室・食事の前などの手洗いを徹底する。

 対象は小学1年~中学2年(小学1~3年は保護者の送迎が必要)。学習サポートは無料だが、ランチは1食500円(お子さま定食またはお子さまカリー)で提供。フリースクールのみの利用も可。

 同カフェオーナーの坂本さんは「小中学校が臨時休校となり、日中の子どもたちの過ごし方や過ごせる場所に悩む人も多く、私もその一人。学習塾『二階の窓』さんからすてきな提案を頂き、当カフェでできることを考え提供することにした。少しでも親や子どもたちの不安を解消できれば」と参加を呼び掛ける。

 開催日は3月11日・12日、18日・19日、25日・26日の6日間。利用者は同カフェまで電話で申し込む。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home