買う

立川ロフトで「タツノコマーケット」-タツノコプロの新旧作品一堂に

©タツノコプロ

©タツノコプロ

  •  

 立川ロフト(立川市曙町2)で現在、「タツノコプロ50周年×立川ロフト 『タツノコマーケット』」が開催されている。

 1962(昭和37)年の創立以来、「ハクション大魔王」「昆虫物語みなしごハッチ」「科学忍者隊ガッチャマン」「タイムボカン」シリーズなど多くのヒットアニメを生み出し続けているタツノコプロ。本社は、今年3月武蔵野市に移転するまで国分寺市にあった。

[広告]

 「地元とのつながりを大切にしている当店としては、以前から国分寺が発祥のタツノコプロとのコラボ企画ができたらと思っていた。今年7月から立川を舞台にしたアニメ『ガッチャマン クラウズ』が放映されることを知り、今だと思いタツノコプロに連絡を取らせていただいた。タツノコプロは50周年の行事がめじろ押しでで大変な中、立川ということで急きょ手配していただき、開催することができた」と同店館長の岩崎さん。

 タツノコプロの新旧作品を集めた同イベント。現在放映中の「ガッチャマン クラウズ」の立川の街並みが描かれた場面画像やキャラクタープロフィルなどの展示のほか、タツノコプロの初期から現在までの作品のオープニングの上映や、「ハクション大魔王」や「あくびちゃん」など昔のキャラクターを今風にアレンジ、紹介するコーナーも展開する。DVD全集やキャラクターグッズの販売も行う。

 「『ガッチャマンクラウズ』に描かれた立川の街はとてもリアルで、地域の方にはここはどことすぐ分かると思う。日常見慣れている風景がアニメの舞台になっていることに不思議な面白さを感じるのでは。また昔のタツノコプロのアニメに親しんでいた年代の方には、とても懐かしい映像をご覧いただける。立川とタツノコプロ作品を愛する全ての年代の方々に楽しんでいただけると思う」と岩崎さん。

 開催時間は10時~21時(最終日は18時まで)。入場無料。9月25日まで。